趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

埼玉発のシロギス釣りに行ってきました


埼玉を拠点に日帰りで沖釣りに行こうとすると、
北は小名浜、南は伊豆・南房、東は犬吠埼。

意外と広範囲が圏内なのですが、
どこへ行くにも時間とお金がかかってしまう点が難点なんです。

しかし、そんな埼玉県民沖釣り師に優しい釣り船宿も存在するんです!




埼玉の釣り船松陽丸さん。


実際には東京都足立区の荒川に桟橋があるのですが、船宿の事務所が埼玉県川口市にあるという事で埼玉登録なのだそうです。

とはいえ、埼玉と東京の県境に桟橋があるという事で、我が家からはクルマで高速使わず約20分の距離。

釣り物は東京湾奥の小物釣りに限定されますが、

埼玉から高速使わず釣りに行けるって素晴らしい!



私事で大変恐縮ですが、最近トヨタのハイブリットカー・アクアに乗り換えました。

燃費が非常に良いアクアにとってこの距離は実質交通費はタダに等しいです!



本題に戻ります。

集合は6時15分、出船は6時45分。

東京湾の釣り開始時刻は協定により8時と決められているので、それに合わせた出船時刻との事。

この日の釣り物はシロギスとマダコ。

普段、この時期は松陽丸さん看板釣り物のシロギス釣りのみなのですが、今年は例年になくマダコの湧きが良いとの事で、リレー形式で狙うとの事。

東京湾のマダコ釣りは初めてなので、楽しみです。



東京湾のマダコ釣りは通常「テンヤ」と呼ばれる仕掛けにワタリガニを括り付けたものを使用し、竿とリールを使わず「手釣り」でやるのが主流なのですが、この日の釣り方は餌木という疑似餌を使う、タコ版のルアー釣りでやるとの事。


みなさん、餌木でのタコ釣りは慣れていないようなので船長が出船前にレクチャーしてくれました。

因みに竿は硬めが良いとの事。というワケで、シロギス用の柔らかい竿とタコ用の硬い竿2本持ち込む釣り客が多かったです。

因みに私も2本、そしてこの日同行した友人は硬めのシロギス竿1本を準備。

心配なら道具はレンタルできるので、予め船長に確認すると良いです。


テンヤとよばれる仕掛け。

要はエサ釣りです。




餌木。

最近のタコ釣りの流行なのだそうです。

もちろん船で買う事ができます。1個350円。


船は桟橋をはなれ、ポイントに向かいます。

さすがに埼玉からという事もあり、行程は1時間15分と少々長め。

しかし、これはこれでリバークルーズと思えば楽しいものです^^



船は荒川を抜けて海に。

実はこの日、雨がポツポツのあいにくの天気。

前日台風が通過したこともあって出船が危ぶまれた程でした。

私、そして沖釣り初心者の友人も楽しみにしていただけに、ホント出られて良かったです。

因みに友人はアウトドア系の趣味は殆どやらないのですが、何故かMY雨合羽を持っている雨男なのだそうです^^;


ポイントに到着しました。

アクアライン北側の盤洲というポイントです。

さて、まずは第一ラウンドのシロギス釣りを頑張る事としましょう!



今年はシロギスも当たり年という事で、初めから入れ食いに近い状態。

因みにシロギス釣りのポイントは、ズバリ・エサ付け。

あまり口が大きくない魚なので、エサのイソメはシロギスにとって食べやすいように、真っすぐになるように付けてあげる事がポイントだと思います。




水滴でぼやけてしまいました。

入れ食いに近い状態で釣れましたが、型は小さめが大半でした。




良い感じで桶に魚がたまっていきます。


時間は11時半。私42匹、友人17匹。

10匹ほど友人に引き取ってもらう形でお互いのお土産をならし、前半戦が終了。

30分程川崎方面へと移動し、後半のタコ釣り開始です!




ポイントは川崎のとある沖の防波堤近く。

相変わらず雨ポツポツ^^;




船長に教わった通り、底から餌木を離さないように小突いていたら鈍い重さを感じました。

巻き上げると、

ナイス!




イイネ~!

約2時間のタコ釣りでしたが、1時間30分の時点で2個目の餌木を根掛かりでロスト。

この時、既に4匹釣っていたので、お土産十分とばかりに自主納竿としました。

友人は最後までやって3匹。お互いしっかりお土産確保^^

因みにタコ、生きているうちは1匹、2匹・・死んでしまったら1杯、2杯・・と数えるのだそうです。




タコは脱走の名人。

釣り終わるまでは船で配られたネットに入れて桶で保管です。




最後はちょっと残酷ですが、目と目の間にアイスピック等を刺し、生き〆してクーラーボックスへ。



終始降ったり止んだりの、まさに梅雨らしい天気でしたが、

そういえば昨年は猛暑でバテバテだった事を考えると、逆に良かったのかな、って帰りの船中で思ったり。


友人の「雨男」の力に感謝!




シロギスはお刺身にすると甘エビのように甘くて美味しいんです。

釣らないと味わえない、まさに釣り人の特権料理!




わかりにくいですが、タコ天シロギス天。

定番もしっかりおさえておかないとね!


PAGE TOP