趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

温泉めぐりは体にも心にも効用あり!


みなさん、自分なりの休日のリフレッシュ方法はありますか?私は仕事や日常を忘れてリフレッシュできる趣味があります。それは温泉めぐりです。



 今回は私が行った温泉の紹介と、温泉めぐりの魅力をお伝えします。みなさん、どんなときに温泉に行かれますか?観光なども兼ねた宿泊旅行のついでというのが多いかと思います。でも、観光抜きの日帰り温泉でもかなりリフレッシュできますよ。



私は栃木県の東部に住んでいるのですが、実は近くに温泉がたくさんあります。栃木県で温泉というと日光や鬼怒川、那須などがすぐに思い浮かぶと思いますが、そこだけではないのです。栃木県の東部にも気軽に行けるいい温泉がたくさんあるんですよ。



まずお勧めするのが那珂川町の馬頭温泉郷にある「ゆりがねの湯」。夕日が綺麗な温泉ということで、この辺りでは人気です。内湯と露天風呂と一つずつ。浴室からは、近くを流れる那珂川と、日光や那須の山々が見渡せます。露天風呂からの眺めはもちろん、内湯もガラス張りとなっているので、ゆっくり湯につかりながら雄大な景色を観ることができます。また、お勧めポイントは景色だけではないのです。注目してほしいのは泉質。トロリとした泉質で、浸かった瞬間にお分かりいただけると思います。アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)とのことです。美肌効果もあるとのこと。景色と泉質と両方の効果で思わず長風呂してしまいます。



景色でお勧めの温泉をもう一つご紹介します。大田原市にある「黒羽温泉 五峰の湯」。こちらの温泉も眺めが良いです。「五峰の湯」という名前の由来ですが、温泉から、那須岳・大佐飛山・女峰山・男体山・高原山の五つの山(五峰)が眺められるというところからこの名前がついたそうです。その名の通り、晴れていればこれらの山々を望むことができます。こちらも内湯、露天風呂と一つずつ。サウナもあります。そして、五峰の湯の泉質もとろみがあって大変気持ちいいです。泉質は無色透明のアルカリ性単純泉。また、こちらには「温泉スタンド」があり、10リットル10円でお湯を購入することができます。「温泉スタンド」、珍しいですよね。給水タンクなど持参すると自宅でも温泉が楽しめるのでこちらもお勧めです。



 最後にご紹介するのは那須高原にある板室温泉の「板室健康のゆグリーングリーン」です。川のすぐそばにあり、自然に囲まれた静かな環境でとても癒されます。昔から湯治の場として多くの方に利用されてきたようで、梁から下がる綱につかまりながら浴槽につかるという「綱の湯」という露天風呂が有名です。こちらも内風呂、露天風呂一つずつとサウナがありました。また、こちらの板室温泉ですが、近くに沼原湿原などハイキングコースもあり、軽いハイキングの後に温泉に浸かるのもお勧めです。お風呂上がりに広い畳の休憩所でゆっくり寛いでいると、リラックスして思わず眠くなってしまいます。


 心も体もリフレッシュできる温泉めぐり、ぜひ皆さんも気軽に温泉に行ってみてください。泉質や浴室からの眺め、休憩室等施設の特徴などに着目すると一層楽しめるので、お気に入りの温泉を見つけてくださいね。


PAGE TOP