趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

手のひらサイズの芸術作品「消しゴムはんこ」!


今回ご紹介する趣味は、彫って楽しい、使って楽しい「消しゴムはんこ」です。

                                      

みなさんが普段使っているあの消しゴムとカッターがあれば、手軽に作ることができる、手のひらサイズの芸術作品です。



 トレーシングペーパーに、鉛筆で図案を写し、それをきれいに拭いた消しゴムの平らな面に転写したら、あとは下絵にそってカッターや彫刻刀で彫っていきます。消しゴムは、みなさんの筆箱に入っている、一般的な消しゴムでももちろん作ることができますが、消しゴムはんこ用のものを選ぶことをおすすめします。彫った部分が分かりやすいよう、表面に色がついたものや、固めのもの、柔らかめのものなど、自分に合った消しゴムを探してみてください。また、カッターを使って彫る場合は、細かい部分が切りやすく、ペンのように握ることができるデザインカッターがおすすめです。



初めての方は、まず大きい図案や、かんたんなデザインのものから初めてみてください。コツは、カッターや自分の体ではなく、消しゴムの方の向きを変えたりくるくると回したりしながら彫っていくこと。初めは細かい作業で慣れないかもしれませんが、こまめに休憩しながら、ゆっくり、コツコツと進めましょう。



 

 ある程度彫り終わったら、試しにそのはんこを押してみましょう。消しゴムはんこ作りの中でいちばんドキドキする、楽しみな瞬間です。



まずは、いらない紙や裏紙に押してみます。インクをつけるときは、スタンプ台の方を持ち、それをはんこにポンポンと優しくつけていきましょう。全体にインクの色がついたら、紙の上にはんこのインクをつけた面を優しく乗せて上から全体を軽く押さえ、あとは優しくゆっくり離します。紙に写ったイラストを見て、余計な所に色がついてしまっている部分があったら、彫り残しているところがあるか、もう少し深く彫った方がいい部分です。すこしずつ微調整をしながら何回か押していきます。



 

微調整をくりかえし、納得のいく仕上がりになったら、いよいよ実際にはんこを使っていきましょう!ノートや手帳、プレゼントのラッピング、年賀状や手紙……。ワンポイントとしても、そのアイテムのメインとしても、はんこを活用できる場面はさまざまです。冒頭に載せた写真は、いろいろな花の形の小さな消しゴムはんこをたくさん作り、それらを円の形になるように重ねながら押したものです。小さなはんこひとつずつでももちろん使えるけれど、このように押すと、ひとつの作品の様に仕上がります。


次の写真は、消しゴムはんこを使った年賀状の写真です。

 

 HAPPY NEW YEAR」「あけましておめでとうございます」の文字からイノシシやサルのイラストまで、すべて消しゴムはんこを手作りして押しています。



 いちばん左の年賀状のイノシシのイラストは、黒い線の部分のはんこと、赤い体の色の部分のはんこの2つを作り、版画の様に重ね合わせて押しています。



また、どちらの年賀状でも、先ほど紹介した小さいお花のはんこを、飾りに使っています。このお花のはんこは、いろいろな場面で活躍してくれるので、本当に便利です。笑



 

ちなみにスタンプ台は、100円ショップなどでも手軽に手に入るので、好きな色のものを選んで準備してください。作品が増えてきたら、ぜひスタンプ台のバリエーションも増やして、いろいろな色合いで作品を楽しんでみてください。



 

 消しゴムはんこが、みなさんの日常にちょっとのうるおいを与える趣味のひとつになりますように。


PAGE TOP