趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

歴史を楽しむならスペインへ行こう


歴史ブームが到来しましたね!

 御朱印や大仏…etc

 歴史には現代にはない魅力がたくさん詰まっていますよね。 

でも歴史って何から始めたら良いかわからない、人と同じことはしたくないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 そんな方には日本もいいですが、ぜひスペインをおすすめします。 

それもスペインの歴史を勉強するだけでなく、実際にスペインに行くというもの。




というのも、スペインはかつてイスラム教徒に侵略され、それをキリスト教国家が再征服する『レコンキスタ』が行われており、二つの宗教が融合した文化が栄えていました。
さらには現代文明の先駆けともいえる、植民地開拓のきっかけともなった『大航海時代』はここスペインとポルトガルから始まっているのですよ。
そんな文明の祖を学べるスペインに行きたい!と思えるおすすめポイントを紹介していきますね。 

 ■世界遺産の街サラゴサ 

スペインといえばサグラダファミリアや首都マドリードをイメージしますよね。

もちろん観光という点ではその二つの街も素晴らしいのですが、歴史を楽しむという点ではまずサラゴサが挙げられます。 


というのも、サラゴサはイスラム教徒に侵略された際に現在のフランスから派遣されたキリスト教の軍隊を退けた場所なのです。

当時のフランスはというと、のちのヨーロッパの基礎を築き、フランスを大国に押し上げたカール大帝が権威を握っていた時代です。
ヨーロッパ屈指の軍隊を退けるほど勢力を奮っていたイスラム教徒は、しかし、カール大帝の努力もあってスペインよりヨーロッパに進出することはできませんでした。
スペインにてイスラム教徒はサラゴサを中心に大小の国を作ることになります。ヨーロッパにおけるイスラム教国家の中心地ともいえる場所ですね。
中心地であったせいか、のちに再征服される際には一番にキリスト教国家に陥落した場所でもあり、イスラム教徒のモスクをそのままキリスト教の教会にしたので、不思議な建築様式、ムデハル様式を見ることができますよ。


デハル様式は「アラゴンのムデハル様式の建築物」という名前でいくつか世界遺産になっています。サラゴサで有名なのはイスラム教国家時代の宮殿「アルファフェリア宮殿」と「サン・サルバドール大聖堂」ですね。どちらも旧市街として有名なピラール広場から近くにあります。

 ちなみにこのサラゴサ「裸のマハ」や「わが子を食らうサトゥルヌス」で有名な画家、ゴヤの出身地でもあります。ピラール広場にインスタ映え間違いなしの銅像があるのでぜひ撮ってみてくださいね。
 



■まるで異世界!グラナダ 

次におすすめするのがスペイン最南端に位置する都市グラナダです。グラナダはレコンキスタで最後に陥落したイスラム教国家で、今でもイスラム様式が色濃く残っています。
スペイン旅行ではぜひバス移動をおすすめしたいのですが、マドリードかバルセロナの空港からグラナダに向かうと、アンダルシア地方に入っていくのですが、異世界に入った感覚になるのです。
大地が赤茶けて見えて、建築物もキリスト教建築とは全く違い、かといってイスラム様式とも少し違う…なんとも不思議な風景ですよ。 

中でもアルハンブラ宮殿はスペインにおけるイスラム教国家の最後の居城にして最後の砦でした。なかなか陥落せず、キリスト教国家二国の同盟と包囲によってようやく滅んだというのですから、いかに屈強な城だったかがうかがえます。 


しかし、ただ強いだけでなく、美しさも抜きんでていました。当時は貴重であった水をふんだんに使用した噴水は観光客に人気で人がなかなか途絶えないスポットになっています。 

このアルハンブラ宮殿において一番の見どころは夕焼け時に見る宮殿です。アルハンブラはスペイン語で『赤』を意味するのですが、文字通りに真っ赤に染まるのです。その美しさはイスラム教国家最後の国王ボアブディルがアフリカ大陸へ追放される際にあまりの美しさと嘆きから涙したとも言われています。
 



■歴史を感じるグルメ 

旅の醍醐味と言えばなんといってもグルメですよね。このグルメでも歴史を感じるこができるのですよ。
例えばスペインではどこのバルに行ってもあるといわれている「パンコントマテ」
パンの上にトマトのペーストを塗って食べるシンプルなものなのですが、実はトマトはスペインが大航海時代にアメリカ大陸で発見してヨーロッパに輸入したといわれているのです。


 チョコレートもまたスペインがアメリカ大陸から輸入したことで有名ですが、スペイン人は昔から甘党でして、アメリカ大陸では薬として飲まれていた苦いショコラに砂糖やブランデー、ミルクを混ぜて現代のチョコレートに近いものにしたといわれています。
カフェでは気軽にチュロスとチョコラータが楽しめますよ。


 ■おまけのポルトガル 

スペインについて紹介しましたが、スペインと合わせてぜひ寄って頂きたいのがポルトガル。大航海時代はスペインポルトガルから始まったと最初に書きましたが、大航海時代のモニュメントはポルトガルにあります。最初に航海したコロンブスの最初のスポンサーがポルトガル王に由来しているからですが。
 




いかがでしたでしょうか。大航海時代はのちにイギリスに政権が渡り、イギリスから独立したアメリカが世界の中心となり、アメリカ独立の支援をしたことで財政難となったフランスに革命が起こり、そこから民主主義国家が誕生し…と現代世界につながる歴史的事象でもあります。そして大航海時代が起こったきっかけはレコンキスタに由来するのですから、歴史を学ぶ上でぜひスペインを学んでいただきたいのはこういった背景があるのです。
そして歴史を学ぶ上ではなにより触れる、感じること、楽しむことが大事です。
ぜひスペインを旅行して現代につながる歴史を感じてくださいね。


PAGE TOP