趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

1000円で始めるドラム生活


「楽器を始めたい!でも、何の楽器をしたいのかわからない!!」



 

 「朝は早く起きて会社に行き、帰ってくるころには疲れ果てベッドで眠るだけ。休日はごろごろして過ごし、何となく不健康だなあ。」そんなふうに毎日を思ったことはありませんか?



 昔はカラオケに朝まで行って歌った。音楽が好きでライブにもよく行っていたけど、もうそんな体力はない。でも、楽器を趣味に出来たら楽しいだろうなあと考えている人は意外と多いんです!



 何か趣味に出来る楽器を始めたいけど、楽器といってもいろんな楽器があって何が始めたいのか、それすらわからないこともありますよね。大人っぽくサックスで渋いJazzを演奏したり、昔を思い出してロックなギターを今度は自分の手で響かせてみたり。



 私がおすすめするのは、ずばり「ドラム」です!



 「ドラムの魅力は痛快な叩き心地!」



 

 ドラムの一番の魅力は何と言っても全身運動であることです!一回のライブを終えるとマラソンを走り終えた時のように汗をかきます。ライブに限らず練習をした後は程良い発汗とそれに伴う爽快感があって、練習終わりに食べるアイスは最高においしいです。



 ドラムを叩くと上腕や脚に柔らかい筋肉がつきます!楽しみながらも体を引き締めることが出来る楽器、それはドラムだけです。



 ストレス解消にもかなり効果があります!スタジオという閉鎖空間、大音量で叩くドラムは日常の全てを忘れ、ただ趣味に没頭できる時間になります。全身運動で筋トレの要素も含んでいるので、科学的に見てもストレス発散の効果は他の楽器と比べて段違いです。



 また、ドラムはスタジオに行かなければ叩けない楽器でもあるため、自宅で練習が出来る楽器よりも非日常的で楽しく続けることができます。



 

 「ドラムってお金がかからない?!」



 

 楽器を始めようとすると必ずかかるお金があります。練習するためには高価な楽器そのものを購入する必要があるためです。ギターであれば安くても2万円、サックスだと優に10万円は超えます。では、ドラムを始めようとしたときに一体どのくらいお金がかかるのでしょうか。



 正解は、1000円です。驚きの低価格!



「ドラムセットいるんじゃないの?」いいえ、いりません!



「後々、いろんな機材がほしくなるんじゃない?」基本的には必要ありません!



なぜそんな低価格でドラムを始めることが出来るのかというと、ドラムを叩くのに必要になってくるのはスティックだけだからです。スティックはどんなに高くても1600円ほどでありますし、安いものであれば500円でも売っています。



ドラムを始めるのにドラムセットは必要ありません。そもそも御自宅で生のドラムセットが叩けるのは周りに家がないような北海道にあるお宅や、500万円ほどかけて防音室を作った御家庭に限られます。仮に防音室を作ったとしても実際には外にかなり音が漏れるようです。



周りに電子ドラムを勧められた方もいることでしょう。しかし、電子ドラムは振動が下の階に伝わるためマンションで演奏することは不可能でしょう。またヘッドフォンで音を聞いていたとしても実際に叩いている音は家中に響き渡ってしまいます。住宅街の一軒家であっても近隣から苦情が来てしまうこともあります。



そのためドラムを始めるのにドラムセットは必要ありません!ドラムを始めたい方は音楽スタジオに行きましょう。スタジオ代は1時間500円のところが多いです。スタジオに行けばスティック以外の機材はそろっていますし、大音量で叩き放題です!もはやスティックを売っているスタジオも増えてきましたので、手ぶらでドラムを始めることも可能です!



 

「ドラマーだけが得ることのできる“ドラマーズ・ハイ”」



 

 皆さんは“ドラマーズ・ハイ”という言葉をご存じでしょうか。察しが良い方はもうお気づきかもしれません。



 ランナーズ・ハイという言葉はご存じかと思います。マラソンランナーが一定以上の距離を走り続け、もうしんどい、やめたいとなったときに突然訪れる「まだまだ走れる気がする!」という一種のトリップ状態のことです。



 これと同じ現象を得ることが出来る楽器がひとつだけあります。それがドラムです。



 “ドラマーズ・ハイ”はいつでも得られるものではありません。マラソンのように全身運動であるドラムを叩き続け、周りの演奏者に耳を傾け極度の集中状態に陥ったとき、ふっと自分やその場の状況を俯瞰してみているような気分になります。これが“ドラマーズ・ハイ”です。プロのドラマーであってもこれを得られる瞬間は少なく、語られることはそう多くはありません。しかし、経験した人はこれにやみつきになり、また“ドラマーズ・ハイ”を体験したいとそれをモチベーションに続けている人も少なくありません。



 また、プロのドラマーだから得られる、アマチュアだと得られないというものではありません。むしろ、アマチュア時代の“ドラマーズ・ハイ”の経験が忘れられず、プロになるまで追い求めてしまっているドラマーのほうが多いです。



 

 「楽器を始めるならお得すぎるドラムを!」



 

 今にもドラムを始めたくてうずうずしていませんか?お得に始められて、日々の運動不足やストレスを解消出来る上、“ドラマーズ・ハイ”という素晴らしい経験を得られるかもしれませんよ?



 「でも、スティックって種類がありすぎて選べない!」



 「そもそもスタジオってどこにあるの?」



 そんなあなたに耳寄りな情報をひとつ。



 



 VIC FIRTH VIC-5A 14.4×407mm



 

 こちらのスティックは世界標準とも言われるアメリカンスタンダードモデルです。このスティックを選べば間違いありません!



 

 スタジオは東京、関西圏で大きく展開している「ベースオントップ」がおすすめです。スタジオ数が多く予約の取りやすい上に、スタジオ内の機材はプロが愛用するモデルを多く採用しています。予約の取り方は各店舗の電話番号に電話していただき、「○○△△日の××時から2時間、ドラムで入りたいのですが~」と行っていただければ完璧です!



 ちなみに、前日or当日予約に限りますが個人練習で予約すると、1時間540円になりとってもお得です。



 ほかにも個人経営のスタジオだと300円で個人練習ができるところもありますので、ぜひ探してみて下さい!



 

 あなたも手軽に始められるドラムを趣味にしてみませんか?


PAGE TOP