趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

衣装デコレーションは「発表会の衣装が映える」簡単魔法!


はじめまして。不器用だけれど、手作り(工作系手芸?)大好きなClumsy handです。

さっそくですが、ピアノなどのお稽古ごとの発表会で子供に着せる衣装って悩みませんか?
毎年同じじゃ味気ないけど、普段着と違って何度も着る機会がない衣装を毎回新調するのはちょっともったいないし……。

我が家のピアノ・エレクトーン男子の衣装も、本当に悩みました。男子の発表会用スーツはどれも似たデザインで、新調したところであんまりかわり映えしない。そのわりに意外にいいお値段!
そこで、衣装デコレーションを始めてみました。1から衣装を作るのではなく、既存のワンピースやスーツをちょこっとデコるだけで、去年の衣装が使いまわし感なく使えたり、海外の激安サイトで購入した服を、ちょっと写真映えするおしゃれな一着に変身させることができるんです。
始めてみると意外に好評で、最近はグループ演奏のメンバー全員分(男子&女子)の衣装を担当しています。



ステージ衣装なので思い切ってデコれるため手芸心がたっぷり満たされますし()、着る息子たちもコスプレ感覚でけっこうおもしろがって着てくれます。

たとえばこんな感じ。これは大手通販サイトでもいくつものショップで3,9005,000円程度で手に入る激安タキシードです。写真でパッと見る分にはこのままでもいい感じですが、布地は薄くてぺらっぺら。ベストは紙?でできているような感触です。このままだと「お安め」感がハンパない!




これを当時小学3年生だった息子用に購入。エレクトーン・アンサンブル演奏用としてグループで着る衣装です。
ちなみに5人グループで男子は2人。発表会・コンクールで着用しました。
当時、身長120㎝でしたが、数年着る前提で150㎝を買って袖丈や裾は詰めました(徐々に出しています)。
このタキシードを、3年間(発表会3回分)使いまわしました。
それが、こちらです。左から1年目、2年目、3年目。




1年目は、ほぼ原形のままで、ロゼッタをつけたリボンの帯を斜めにかけたり、蝶ネクタイや勲章風のブローチでデコってみました。
2年目は写真が暗くて見えにくいのですが、エリなどのフチ飾りのリボンの色を変えて、幅広ネクタイをリボンで作成。ベストは着ないでウエストにカマーバンドをつけています。チェーン付きのブローチをつけました。
3年目は同じ演奏グループの女子がピンクのドレスだったので、フチ飾りやボタンもピンクにチェンジ。ネクタイもピンクです。

デコレーションに使ったのはほとんどがリボンで、手縫いでちくちく縫い付けるか、熱圧着テープを使って貼っただけです。あとはアクセサリーをグルーガンなどでちょこちょこと制作。ミシンを使ったり、布を裁断したり、という本格的なお裁縫は一切していません。それでもずいぶん印象が変わりますよね。   

次回からは、こんな簡単な衣装デコ(男子用&女子用)の材料や、リボンで作るコサージュなどのアクセサリーの作り方を少しずつご紹介します。
私のような不器用さんでも大丈夫。材料も海外通販サイトや100円ショップの手芸材料を使えば、驚くほどお安くできちゃいます。

我が子や孫の学芸会・発表会・ハロウィーンなどで、ぜひ腕をふるってみてください。
作る過程もとっても楽しくて簡単です!
一緒に衣装デコを楽しみましょう。











PAGE TOP