趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

癒しの海外旅行をお望みの方におすすめのメキシコ グアダラハラ


メキシコと聞くと皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

サボテンにテキーラ、太陽の国にソンブレロを被った陽気な人達にリズムカルな音楽、そして辛いメキシコ料理と…

どなたもそんなイメージをお持ちのことでしょう。


私にとって長期間滞在していたメキシコは、物事を深く考えない、その場主義的なお国柄と言ってもいいでしょう。

しかし多忙な日本人にとっては、癒しの精神に満ちた国です。風の吹くままに自由で人も時間もスローに全く疲れを感じさせない国なんです。

もしも皆さんがメキシコへ旅行されたならば、きっとメキシコがこんなに近かったことはなかったと感じることでしょうね。



<歴史遺産の街並みで知られるグアダラハラ>


メキシコ第二の都市、ハリスコ州都であるグアダラハラは、マヤやアステカの遺跡があって、歴史と文化を誇る都市です。

先住民文化とスペイン文化がブレンドされていることから、この魅惑の文化は料理にも絶妙です。


おすすめなのは、タコスの付け合わせに出てくるCebollita(セポジータ)です。

これは、長ネギと小ネギの中間のような甘い根菜で炭焼きにすると絶品です。メキシコ料理は

日本ではまだ未知なる料理ですが奥深いものですよ。



それに市内の巨大な自由市場は、民族色豊かなお土産も豊富で物価の安いという感じでメキシコの多様な顔を見るために訪れる価値はあります。


<テキーラ・ツアーに参加しよう!>


メキシコを代表する蒸留酒テキーラの里を訪れる陽気なツアーがあります。

観光列車テキーラエクスプレスでテキーラ村を訪ね、原料となるアカベ農園と収穫したアカベが蒸留する工程を見学できます。車内では、マリアッチ演奏を楽しみながらテキーラを自由に飲めますが飲みすぎにはご注意を!



グアダラハラは、テキーラの本場だけあって、銘柄も200種類以上、日本では手に入らないテキーラもありお土産として皆さんに喜ばれています。

テキーラは、レモンと塩を口に含んで一気に飲み干すのがメキシコのスタイルになります。



<ゴージャスな装飾が施された建物>


グアダラハラは、1542年にその基礎が定まられ、その当時の建物が今もなお使用されています。都市の中心部には、4つの公共広場が拡がり中央広場のカテドラルは、グアダラハラ市の象徴とされ街並みが17世紀のスペインへタイムスリップした感覚で味わえる都市です。


まとめ


いかがでしょうか。

メキシコは、伝統的なものから現代的なものが混じり合った都市からも分かるように、植民地時代の面影と今日の自然の調和を見せてくれます。

皆さんも一度是非メキシコへ訪れてみて下さい。


PAGE TOP