趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

part1 未経験でヨガ講師へ、趣味と仕事へシフトする


人生が変わる瞬間ターニングポイント 



もうじき50歳になる今、とても充実した生活を送ってます。 


40才の頃、事務職をフルで勤めていました。

事務職以外の仕事は、ほとんど経験がありません。 

息子二人は、まだ保育園、あっという間に過ぎてしまう毎日。


ある日、友人に「なんかおもしろいことないかなぁ、仕事はつまんないし」と愚痴を言っていました。
その時たまたま置いてあった【未経験歓迎ヨガインストラクター養成所】のチラシを友人が見つけ私に「これやってみたら?」と一言。
 

それが今の仕事と趣味に繋がっていくのです。 


ヨガインストラクター養成所にハマる様子① 



2週間後にymcメディカルトレーナーズスクール横浜校に入学 
https://ymcschool.jp 

ヨガインストラクター養成クラスで1年半の学びの始まりです。 

ヨガの概念がなく、すんなり受け入れることができ事務の仕事は退職しました。
 


学校では講師になる為にヨガだけを学ぶものだと思っていました。 

解剖学、生理学、心理学、スピーチなど、カラダに関してすべてをこなさなければなりません。 

勿論、「ヨガとは」から始まり、アーサナ(ポーズ)名、効果など実技と共に覚えていくのです。
 


ヨガインストラクター養成所にハマる様子② 


「同期」と呼ぶ同じクラスの人数は20名ほど。 

日に日に仲が深まります。 

それもそのはず、楽しい反面、キツイ事も一緒に体験し励まし合いながら過ごしているからです。 

脱落者も出ます。 

何十年ぶりに受ける授業に20、30、40、50代は必死でした。


学校での1日の流れ(例)
午前中に2時間の学科を受け、午後はスタジオへ移動し3時間の実技を受けます。 

実技では、ホワイトボードを使いながらカラダの動きについて実践を交え覚えていくのです。 


ヨガインストラクター養成所を無事に卒業、これからどうする? 



卒業して気付くことがあります。 

インストラクターになれるのかな?
肩書きが欲しい訳ではない、目標達成にはなっていない。 

そうです、目標を決めてなかったのです。
 

暫くしてから少しずつヨガ講師として人と接していくうちに見えてきたのです。 

「自分のやりたいこと」が。 

目標ではなく、やりたいことはずっと好きなことをして生きたい!
いきたい!じゃない、生きたい!のです。 


ヨガをやりたくても、カラダが硬くて恥ずかしくて、できない方たちへ 


ヨガは「カラダが硬くても大丈夫」とよく言いますが、やっぱり気になってリラックスできない方が多いのです。 

無理すると筋もおかしくなります。 

私はカラダが硬いのでわかります。
 

そこで思い付いたのが「オリジナルのストレッチ体操」 

ヨガを苦手としている方でも参加できるルールに縛られないクラス。 

決してヨガを否定しているわけではありません。 

ストレッチ体操の指導ができるのは、ヨガインストラクター養成所で解剖学などを学んだおかげです。 

カラダが硬いけど軽く運動したい、そのような方を心身ともに軽くする。 

そんなお手伝いができたらいいなと始めました。 

自分のカラダの為にも。 


ヨガは趣味、ストレッチ体操は仕事 


今では、ヨガのイベントに行くのが楽しくて、ひとりで参加したり、ヨガ友と参加したりしてます。
昨年は夫と長男もヨガデビューをしました。
【ヨガイベント】で検索すると初心者でも無料で参加できるイベントがあります。


時間と心に余裕ができ、好きなことをして生きる!
このような環境をくれた家族に感謝です。
 


■日本最大のヨガの祭典「ヨガフェスタ」公式サイト http://www.yogafest.jp/official/yf2018open/ ※2019の公式発表は未定です。                                       


PAGE TOP