趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

一筆書き切符で島根県横断!(その3)


島根横断旅行の続きになります

次の日今度は今回の旅行のメインでもあります世界遺産の石見銀山に行きます

旅館の仲居さんに駅まで送ってもらったのち快速アクアライナーで大田市へ向かいます

アクアライナー

快速アクアライナー他の特急の補完的な役割も果たしながら地元民の大事な足としても機能しており停車駅も比較的少ないので旅行者にも人気の列車でもあります

 

さて温泉津から約20分で大田市駅に到着しました

下調べをしたところ石見銀山までのバスの出発時刻まであまり余裕がなかったので先を急ぐことにしましょう 

大田市駅

世界遺産 石見銀山へはバスで25分かかります

そのバスがあんまり本数がないのですがタクシーだと一人旅には厳しいのでやはりバスになりますねその石見銀山ですがバス停には石見銀山というのはありません

またバスも石見銀山行きではないので注意が必要です

石見銀山の中心地であった、「代官所前というところで下車しましょう

 

石見交通石見銀山方面のバス)」(2019月現在

http://iwamigroup.jp/publics/download/?file=/files/content_type/type019/37/201403311820402123.pdf

http://iwamigroup.jp/publics/download/?file=/files/content_type/type019/38/201703160917251677.pdf

 

さてこの石見銀山ですが島根県大田市の大森という地域にあります

歴史的経緯などはさておいて街を散策します 

代官所跡


石見銀山

写真で見るとまるで人の気配がないですが違います人がいなくなるのを狙って撮りました平日にもかかわらずかなりの観光客がいました

石見銀山の目玉でもある、「龍源寺間歩へは代官所前から片道時間から時間半はかかりますレンタサイクル等もありますが上り坂なうえに取りに戻らないと行けなかったりするので大変ですから私としてはあまりお勧めしません

ゆるくはないけど決してきつくもない上り坂をえっちらおっちら歩いて龍源寺間歩につきました。「へぇこれを掘ったのかぁ…」という感じでわずか10分足らずで散策完了

今度は元来た道ではなく川沿いの散歩道を戻ります

ちなみにこの石見銀山」、保護のために地元の方以外の自動車は入ってこれません

世界遺産センターの駐車場に車を置いてバスで来ないといけないのです

なのでお年寄りや小さなお子様にはまるで向かないところなので注意してください 


街へ戻った私は再び街をぶらぶらし百羅漢等を見学したのちバスで世界遺産センター

https://ginzan.city.ohda.lg.jp/

ここでは石見銀山についてのことが学べます

 

さて一通り観光したところで夕方になりました

今夜は出雲市に一泊します

島根県横断もあとわずかもうひと頑張りですね

 

バスで大田市駅に着いたらうまい具合に特急があったのでそれに乗車しました 

スーパーまつかぜ

今夜のお宿は普通にビジネスホテルですのでそのままおやすみ

 

次の日島根県横断の最後は特急やくものグリーン車にしました 

やくも1

やくも2

旅の疲れは贅沢にってわけではないですが最後は華しく終えましょう

 

終わり 


PAGE TOP