趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

一筆書き切符で島根県横断!(その2)


島根横断旅行のつづきです

 

アクアスを一通り鑑賞した私本来ならお腹がすいても当然の時間なのですがいまいちお腹もすかずアクアスを出ることにしました

時計を見てもまだ次の旅館に行くは早すぎます

時刻表と散にらめっこして一つ名所を回ることにしました

仁万駅

仁万駅に到着歩いて目的地に向かいます

 

徒歩約10分で仁摩サンドミュージアムにつきました

仁摩サンドミュージアムhttp://www.sandmuseum.jp/

 

といっても私も思い付きで行ったのでよく知りませんでした

ただ砂の博物館があるなぁぐらいものでしたが非常に見ていて面白かったです

砂のオブジェや世界最大級の砂時計などほかに見ることのないものがいっぱい 

砂時計

アクセサリー製作体験なんかもでき女子受けするような博物館でした

 

仁摩サンドミュージアムを出て仁万駅に戻った私はいったん元来た方向の列車に乗り今夜のお宿へ向かいました

 

次に降りる駅は仁万からつ戻って温泉津駅です。「ゆのつと読みます

読んで字のごとく温泉地です

ちょっとマイナーな存在ですがなんと世界遺産石見銀山に含まれている非常に珍しい温泉ですつまり温泉地そのものが世界遺産の一部なんですよ

http://yunotsu-onsen.com/ 

温泉津駅

温泉津温泉に降り立った私は駅舎やら街の風景をカメラで撮っているうちにちょっと失敗しました温泉街へ向かうバスが駅から出発してしまったのです

さほど遠くないとはいえ歩くのかぁとげんなりしました 

温泉津温泉街

温泉街へ向かう人たちはみんなバスに乗ってしまったようで駅から歩いたのは私一人

港を経てぐるっと遠回りしないと温泉街につかないようでだいたい20分くらい歩いたでしょうか街の入り口から温泉街の中心部までも結構ありました

名物となっている古い公衆浴場を横目に今日のお宿に到着

この公衆浴場は日帰り温泉としても人気が高いようで各種ガイドブックにも掲載されています公衆浴場はか所あり元湯と薬師湯https://www.yunotsu.com/になります

さて旅館に到着して仲居さんに駅から歩いてきました!」といったら、「お迎えにあがりましたのに!」だとがっくりひとこと電話しておけば良かったです…。

今日のお宿はここ輝雲荘http://www.kiunsoh.com/)。

温泉津温泉に数ある旅館の中で唯一露天風呂を持つというのでここにしました

露天風呂に入って温泉にも浸かっておいしいお料理も食べて至福のひと時を過ごせました 

お食事2

(つづく)


PAGE TOP