趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

常磐沖で狙う初夏のカレイ釣り!


関東地方でカレイを釣ろうかな、って思うと、お手軽なポイントは東京湾なのですが、確実に釣って帰りたい、って思うなら断然常磐沖がおすすめ!



千葉から利根川を越えただけの常磐地方。ここから北は、親潮の影響を受けて平均海水温がグッと下がるそうです。

冷水系の魚であるカレイの魚影は当然のようにここからグッと濃くなり、産卵前による荒食いの初夏、大洗から北の漁港では専門で狙う釣船でにぎわいます。


そんな常磐地方のカレイ釣り、今年も行ってきました。




今回お世話になった釣り船宿は大洗のきよ丸さん。5トンのこじんまりした船ですが、船長とても面倒見の良く快適。初心者でも安心な船だと思います。


乗船は以前、ショウサイフグ釣りでお世話になって以来。

因みにショウサイフグも特殊な釣りで面白く、食べて美味しい魚。

機会がありましたら、こちらの釣りもいずれ紹介させていただこうと思います。


さてカレイ釣り。港集合は5時。

支払いを済ませ、氷をもらって船に乗り込みます。

釣り座は早いもの勝ち方式なので、船の前の番号札を取りましょう。



仕掛けは出来合いの2本針を使用しました。

船でも売っているので、わからなければ船で買うことをお勧めします。

また、上の写真のようにこの釣りはオモリが特殊。

釣鐘式のカレイ専用のオモリなんです。

この釣り、別名「小突きカレイ釣り」と呼ばれるように、このオモリで底を小突き、砂煙を立ち上げてカレイの興味を引いで食わせるのです。

カレイは非常に好奇心旺盛な魚で、この砂煙が魚を寄せるのにとても有効なんだそうです。

因みにエサはアオイソメ。小指の長さのサイズに切って使いましょう。


タックルは手巻きの船用リールに固めの竿。

底をトントン小突くので、固めの竿は必須。

もちろんレンタルもあるとの事です。


港を出て約20分。

船長の合図で釣り開始!

水深は30m前後です。




開始して1時間はアタリなく渋い状況だったのですが、ポイント移動してようやく1枚。

黒い「虫」のような模様がトレードマークのムシガレイが釣れました。

実は近年、ムシガレイの魚影が濃く、この日もムシガレイメインで本命のマコガレイはポツポツ。

まあ、釣れればなんでも面白いです。

因みにこの海域で釣れるカレイは結構豊富で、ムシガレイやマコガレイの他、イシガレイやヌマガレイも混じるとの事。また、幻レベルのナメタガレイやマツカワガレイも稀に釣れるようです。ナメタガレイ、肉厚で美味しいですよね。

その他、この日はアイナメやホウボウ、ナナガシラ、ショウサイフグ、タイ、アナゴ、マダコ等が混じっていたようです。

専門性が強い釣りとはいえ、五目要素満点の釣り物でもありますね~。



私はこの日、ムシガレイのみ10匹。
トップはなんと30匹以上だったそうです^^;

ムシガレイの魚影、本当に濃いんですね~。



今年は釣れなかったのですが、昨年は4匹釣れたマコガレイ。

身がしまって美味しい魚です。




昨年陸っぱりで釣った鱗がないカレイのイシガレイ。

ヌメリガ多いので、よーく取らないと生臭くなってしまう点が難点。




福島まで遠征して釣ったナメタガレイ。この魚の煮つけは最強レベルで美味しいです。また釣りたい!




ムシガレイは本命マコガレイに比べるとやや水っぽく旨味に欠けるので、ひと手間余計に加えた「揚げおろし煮」にしてみました。イケますね~。




良型は定番料理。しっかり一晩寝かせて作りました。




昨年釣れたマコガレイのお刺身。わかりずらいですが、エンガワもしっかり取れました。

ポン酢やゴマダレもあいました。




万が一ナメタガレイが釣れたら・・断然煮つけです!


のんびり、とはいかない「小突き」という要素が加わる攻めの釣りですが、

穏やかな常磐の海と、そこそこのお土産に癒されました。



PAGE TOP