趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

【アクアリウム】水草育成の醍醐味!


アクアリウムの魅力について書かせてもらっています、ともはらです。


前回、前々回は、アクアリウムをするなら絶対に欠かせない「ろ過」について書きました。

ピカピカ光る綺麗な飼育水の中を、元気に泳ぐお魚さん達を観賞することは、アクアリウムの醍醐味の1つです♪


ただ、水槽の中をお魚だけが泳いでる水景は寂しいでしょ?

金魚すくいを想像して下さい。水槽というか大きなケースの中をお魚さんだけが泳いでる感じ・・・。

ね、寂しいでしょ?


そこで、流木や石を配置し、そして水草を植栽し、水槽という限られた空間に素敵な「水景」を作り上げるのです。これもアクアリウムの醍醐味です!


水草とは、簡単に言うと「水中に生える植物」のことです。

皆さんのご家庭でも、玄関や出窓、ベランダなどのちょっとしたスペースで、花や観葉植物を育てておられませんか?

水草は水槽などの水中で植物を育てる、言わば「水中ガーデニング」みたいなものです。


ゆるやかな水流にゆらめく水草には、水上で育てる植物とはまた違った良さがあります。

水槽


ただしですね、水草を育てるのは水上植物を育てるよりも難しいです。


水槽という人工的に作られた環境の中に、植物が成長できる条件を揃えてあげないと、水草は成長しません。

成長しないどころか環境が悪いと、すぐに枯れてしまったり溶けたりします。


皆さんご存知のとおり、植物は光合成をして成長します。水草も同じです。

この光合成に必要な要素は、光・水・無機栄養(窒素,リン酸、カリ他)そして二酸化炭素です。

光は水槽用照明器具、水は飼育水でまかなえます。無機栄養は魚の糞や水中用の肥料で補えます。

問題は二酸化炭素です。

水上であれば、空気中に二酸化炭素が含まれるので、特に気にする必要はないのですが、水中となれば勝手が違います。

水にも二酸化炭素は含まれますが、すぐに大気中に抜けてしまいます。

炭酸飲料ってあるでしょ?あれは二酸化炭素を水に溶かして作りますが、しばらくすると炭酸が抜けてしまいますよね?

水槽の水も同様で、時間経過とともに二酸化炭素は抜けてしまい、光合成に必要な二酸化炭素が不足してしまいます。


そこで水草を育てるために、わざわざ二酸化炭素を強制添加するのです(汗

強制添加するための装置がちゃんと販売されています。


まずは二酸化炭素がたっぷり注入されたボンベ。私が実際に使っているボンベです。

二酸化炭素ボンベ


このボンベは、炭酸水が作れる家電用として販売されているものですが、アクアリウムにも流用可能です。

数年前からハイボール(ウィスキーのソーダ割り)が人気になり、炭酸水を自分で作る家電が発売されているんですよね。


実は私もウィスキー大好きです♪愛飲してるウィスキーはこれ!

ジムビーム

売上世界No.1のバーボン・ウイスキー「ジムビーム」です。

私の場合、ロックで飲むため炭酸水は不要ですww


話がそれてしまいました・・・


炭酸の入ったボンベは高圧で、このボンベに穴を開けようものなら、一気に二酸化炭素が「ブシュー」っと出てしまいます。

少しずつ炭酸を出すためにレギュレータという器具をボンベに取り付けます。

レギュレーター

ボンベの上についてる器具がレギュレータです。

これで二酸化炭素が少しずつ出るようになり、水槽に二酸化炭素を添加します。


はじめは「本当にこんなもの必要なの?」と、少し疑いながらも購入・設置してみました。

ところが、二酸化炭素の強制添加前と後では、水草の成長具合が全然違いました!効果覿面です!


もし私のように、効果を疑って購入に踏み切れない方がおられるなら、すぐにでも迷いを捨てて購入してみて下さいw


長くなりましたが、水草を育てるのは、水上植物よりも難しいからこそ本当に楽しいです。

茂った水草を背景にし、元気に泳ぐお魚さん達を観賞しながらジムビームを飲む時間は至福のひと時ですww


PAGE TOP