趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

絵本が好き! わたし、絵本作ります! 3


わたし、絵本を作ります! 3





次にシーン割を作ります



 

シーンを分割して1枚の紙にまとめたものを作ります。



コピー用紙などでOKです。ページの流れをチェックします。   



文も考えます。



私は会話で進んでいく絵本が好きです。



こどもが読むことが多い絵本なので、説明は最小限に、短く。



こどもたちの気持ちがうずうずしてくるような、絵と文にしたいと考えています。



 

シーン割からダミー本を作ります



 

お話と絵がだいたい決まると、ダミー本を作ります。



私は色鉛筆で軽く色も付けます。色のバランスも見ます。



 

ここで絵本ルールです



中の文が縦字だと右開き、横字だと左開きになります。



縦字は国語の教科書、横字は算数の教科書とイメージすると考えやすいです。



表紙は縦字、横字どちらでもいいです。



今回の絵本は中の文が横字なので、左開きになります。



 

また、絵本は絵と文で構成されているので、



絵で描かれていることは文にはしない、



文で描かれていることは絵にしなくていい、などから



一枚の見開きに時間の経過が表現できます。



 

絵に文がかぶらないようにします。



文が入るところと絵のバランスはとても重要で、難しいところです。



なかなかうまくいきません。



 

絵本の中心(折り目部分)に絵や分の大事なところが来ないように配置します。



中心に男の子の顔が来ないように配置を考えます。   

 

  

   



 



 



絵本はページをめくることに特徴があります。



実際の絵本のように閉じます。簡単でいいです。



ホチキスで止めてもいいし、私はクリップで止めたりします。



何度もめくり、お話がスムーズでないところ、絵と文があっていないところ、



ダブっているところ、などなど確認していきます。



絵本独特の「間(ま)を出せたらなあ~」といつも思います。



勇気を出して、誰かに読んでもらうことも大事です。



少し寝かすことも大事です。



何度も読み返していると、いっぱいいっぱいになります。



少し間をおいて見返すと気が付くこともあります。



次回はいよいよ紙に描いていきます。



 





PAGE TOP