趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

【アクアリウム】無くてはならない「ろ過」(水質維持)②


前回に引き続き、私が使ったことのあるろ過フィルターについてのご紹介になります。

前回は外掛け式フィルターのみの紹介で終わってしまいました・・・(汗

といてっも私が使ったことのあるろ過フィルターは残り2つだけなので今回で完結間違いなしですww

では、さっそくろ過フィルターの紹介を。


底面フィルター

飼育水をろ過するためには濾材を使用します。

この濾材には様々な種類があり、ろ過フィルター装置に濾材を入れることで飼育水を綺麗にします。

ただ底面フィルターは濾材が不要です。水槽の底に敷く低床(砂利や砂など)が濾材の代わりになります。水槽の底一面に敷き詰めた低床が濾材になるわけですからろ過能力は非常に高く(特に生物ろ過)、かつ、底面フィルターそのものも非常に安価で大変おすすめです!


私が使ったことのある底面フィルターはこれです。


底面フィルター


箱しか残っていませんでした。むしろなぜ箱だけ残っているのか・・・w


このフィルターですが、某インターネット通販サイトにて600円程度で購入可能です。

お安いでしょ?

①の部分は「すのこ」のような形状になっており水が通る構造になっています。②の煙突から綺麗になった水が出てきます。

水槽の底にまずこの底面フィルターを置き、その上に低床を敷き使用します。


底面フィルターの仕組み


先にも書きましたが、安価でろ過能力も高く私も何度か使用したことがあり、おすすめのろ過フィルターですが欠点もあります。

まずはフィルターの掃除。『フィルターの掃除≒低床の掃除≒水槽リセット』となりかなり大がかりになります。

次に、水草育成にも向いていません。水草育成には「ソイル」というアクアリウム用の土を低床に使うのが望ましいのですが、底面フィルターでソイルを使うと、水を通すスリットに土が詰まってしまいろ過崩壊が起こる可能性があります。あとは水草用の固形肥料をソイル中に埋めても、ろ過される水流によって水中に栄養が大量に溶け出してしまいます。

水中の栄養が豊富になってしまうとコケの発生にもつながってしまいます。


外部フィルター

ろ過能力トップのろ過フィルターです。生体だけではなく水草も育てるのであれば、外部フィルターがおすすめです。

なぜ水草には外部フィルターが適しているのか?それを説明しようと思うと長くなるので得意の割愛作戦でいかせていただきますww


私が現在使っている外部フィルターはこれです。

エーハイム2211


EHEIM(エーハイム)というメーカーが作っている「エーハイムクラシック」という外部フィルターです。

外部フィルターも様々なメーカーが作っておられますが、このエーハイム社製が人気です。他のメーカーに比べると、少しだけ値段は高くなりますが、シンプルな作り・丈夫で壊れにくい・消耗品も入手しやすいという点で多くのアクアリスト達から人気があるようです。


水槽とは完全に分離して設置するろ過装置になり、フィルターの内の約8割程度とたくさんの濾材を入れることができるため、高いろ過能力があります。

ただ、初めて設置する時は、いろんな部品とホースを繋ぎあわせる必要があったので少しだけ苦労しました(汗


この前、フィルターの大掃除をした時の写真です。これだけの部品があります。

エーハイム2211


高いろ過能力を求め、水草も育成するなら「外部フィルター1択」と言っても過言ではないぐらいおすすめのフィルターです。


この他にも、私が使ったことのない 上部フィルターやスポンジフィルターなどがあります。


自分がどういう水槽(水景)を作るのか、どんな生体を飼育するのか、その目的によって最適なフィルターを使用することが大切だと思います。


しっかりしたろ過サイクルを作り上げ、水がピカピカ光った水槽ができた時、ひとつの達成感を感じることができますよ♪



PAGE TOP