趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

UVレジン液の基本の選び方、おすすめのレジン液の紹介


レジン液っていっぱいあるけどどれがいいの?なかなか自分に合うレジン液がないという方に、今回はレジンの基本の選び方、初心者向けのレジン液や人気のレジン液、私がオススメするレジン液をご紹介したいと思います。

1

UVレジンの基本!メーカによって性質に違いがある。】


UVレジンには、それぞれのメーカーによって性質が違います。以下のポイントを押さえておくといいでしょう。


1、UVレジン液の粘度


レジン液は中身はみんな同じではなくメーカーによって粘度が違います。


サラサラ(粘度低)レジン液気泡抜きしやすいため、シリコンモールド(型)で作品を作成する時に向いている。ぷっくりと盛るのが難しい。枠から流れやすい。


ネバネバ(粘度高)レジン液可愛くぷっくりさせたい時に盛りやすく、ミール皿での作品に向いている。気泡が入りやすい。

気泡に関しては温めることである程度取り除くことができるので、エンボスヒーターでの気泡抜きをおすすめします。(爪楊枝での気泡抜きより、素早く綺麗に取れるのでオススメ)


また、海や水に関する作品を作るとき気泡をうまく使えば、とても綺麗な作品になります。サラサラレジンで土台を作って、ネバネバレジンでぷっくりさせる使い方もあるので、自分の作りたいものに合わせて決めましょう。


2、UVレジン液の匂い


どのメーカーのUVレジンにも特有の匂いがあります。「全く臭わない」レジン液はありません。


匂いがあまりキツくないものをご紹介していきます。(個人差があるので目安として)


KIYOHARA(清原) UVクラフトレジン液


PADICO(パジコ) 星の雫


・隠れ工房 GreenOcean 熊五郎の涙


・セリアのレジン液


・ルスターグロス 艶 UV006


3、硬化時間


レジン液の硬化には、太陽光orUVLEDランプでの硬化が基本です。


・太陽光コストはかかりませんが、天気・季節に左右され小さいサイズの作品でも硬化に30分は必要。その間に埃が付いたり、硬化不良だとベタついて触った跡が付いてしまうのでオススメできません。


UVランプアクセサリーであれば3〜5分でしっかりと硬化。(厚みや大きさによるが太陽光に比べ早い。)安いとネットで1,000円くらいで売っているので1台買って損はなしです。


LEDランプ…UVランプより1〜2分ほど硬化が早く、仕上がりが綺麗でコンパクト。ここ数年で販売され始めたので価格が少し高めです。






ここで注意したいのが、UVLEDランプは波長が違うので、対応していないと硬化されません。(ジェルネイル用LEDランプでUVレジンは固まらない)

それぞれ確認してから購入しましょう!作家さんや、レジンに慣れてきた方はやはりUVLEDランプを使い分けしている方がほとんどです。


2


【初心者向け、人気のレジン液】


全体的に見て初心者でも使いやすく作家さんの中でも人気なレジンは、


・清原/UVクラフトレジン液


・パジコ/太陽の雫


・ケミテック/クラフトアレンジ


・ユザワヤ/UVレジン液


あたりでしょうか。やはりクラフト業界のトップを走るメーカーさんですね。


レジン液もメーカーによりたくさんあって迷いますが、自分の作りたい作品に合わせて選ぶことが大切です。




【私がオススメするレジン液】


最後に、私がオススメしたいレジン液は、「隠れ工房 Green Ocean/熊五郎の涙とまさるの涙」です!


コスパも良くて匂いもあまり気にならず、硬化も早く綺麗に固まります。まさるの涙は普段使いしたり、熊五郎の涙はコーティング専用に使ったりして組み合わせています。とてもハイクオリティーなのでリピ多数買い!初心者にも向いているので気になる方はぜひチェックしてみてください。



最後までご覧いただきありがとうございました。


3


PAGE TOP