趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

整理整頓力があなたの仕事力を高める! 整理整頓の力を人間力に変える方法




本稿では、掃除や収納といった整理整頓の習慣によって、仕事力を高めていく方法について述べたいと思います。整理整頓というと、毎日行ったらよいということは誰もが知っているけれども、行うことによって本当に具体的なメリットがあるかどうかわからない。だから、実践しようとしないという人が多いのではないかと思います。そのため、本稿では、具体的なメリットができる限りわかるように記事を書きたいと思います。







整理整頓によって人間力が高まる



 



私は、教育という分野で様々な学生と触れ合う機会があります。時には社会人の方々と一緒に仕事することがあります。その時に、必ず注意するのは、一緒に仕事をする人の机の上が綺麗になっているかどうか、学生であれば整理整頓をすることができる学生かどうかということです。なぜそれを見るかというと、机の上や引き出しの中が綺麗な社会人というのは、多くの場合、仕事ができることが多いのです。また、細かい約束を反故にするようないい加減なことをしたり、やるべき仕事を失念したりすることも比較的少ないことが多いです。学生の場合は、整理整頓ができる学生は、生活習慣が確立していることが多いので、勉強したことをきっちり復習して自分で身に付けてくることが多いといえます。一言で言って、「人間として信用が生まれる」のです。



 





整理整頓ができないと周りから信用を失うきっかけを自分で作る



 



一方、整理整頓や清掃ができない社会人や学生はどうでしょうか。机の上がぐちゃぐちゃな社会人は、仕事ができないことが多いです。細かい約束は忘れてしまうし、お願いした仕事のミスもよく起こします。そして問題なのは、一度お願いした仕事を行うに際し、書類を見つけるスピードが非常に遅いことです。これでは仕事の処理が早まることはなく、いろんなところで細かいミスを多発していき、仕事の信用がなくなっていくのは明らかです。整理整頓ができない学生も同様です。整理整頓ができない学生は、勉強の段取りを立てるという習慣がほとんどありません。そのため、予習や復習といった決められた作業を反復して学習効率を高めるということをそもそも知らないため、一度教えたことをすぐに忘れてしまい、その結果、「自分は頭が悪いのだ」と思い込んで、自己嫌悪に陥っていきます。




 





どのようにして整理整頓をできるようにするか



 



さて、それではどのようにして整理整頓をできるようにすればよいかということを考えてみましょう。そもそもなぜ整理整頓ができなくなるのか、ということが一番の問題です。最も簡単なコツは、散らかり始めたとおもったタイミングで、すぐに整理整頓をし直すことです。何事も汚れ始めが肝心で、少し散らかり始めたときにそれを見逃さずに、きちっと整理する習慣が身に付くとそれが当然になりますので、大きく散らかることがぐっと減ります。徹底的に散らかったものをすぐに片付けようとしても、とにかく気が重くなるため、整理整頓が途中からできなくなるのです。そのため、ちょっと散らかり始めたときに、きっちりと整理整頓し、整った状態をキープすることが大事だということです。そして、整理整頓の時間を面倒くさがらずにしっかり確保することを念頭に置いて、毎日の生活時間を設計しておくことです。整理に5分かかるのであれば、その5分をきちんと計算に入れたうえで、毎日のスケジュールを頭の中で組み立てます。これができる人は、掃除の時間を毎日の生活の一部にしているため、毎日整理された部屋で生活を送ることができるようになります。



 



ぜひ、整理整頓力を高めることによって、手軽に人間力を高めることができるのだということをご理解いただければと思います。




PAGE TOP