趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

埼玉から日帰りで行く伊豆諸島遠征釣行!


数年前から目論んでいた伊豆諸島への遠征釣行。

ようやくタイミングがあいました。




埼玉の自宅を夜10時に出発。

途中コンビニに寄って目的地の沼津港には翌1時に到着しました。

集合時間は2時という事なので、お酒とともに時間を潰します。



この日の最終目的地は銭洲。

「漁師が行けば必ず銭になる」といわれる、釣り人の間では有名なポイントなんです。


以前から行ってみたい、って思うも、

黒潮の影響で潮がはやく釣りにならない日が続いたり、石廊崎から70キロ離れた沖のため波や風等の気象条件が悪かったり、比較的大物が釣れるため道具仕立てがワンランク高額であったり、遠いポイントのため乗船料金が高額だったり。

立ちはだかる壁がいくつも存在していました。


しかし今回、すべてがクリア。

ようやくです。


そして時代は令和へ。

平成最後の釣行、思いっきり釣りまくってやりましょう!



今回お世話になった釣り船は沼津港の舵丸さん。

銭洲遠征許可船を持つ、数少ない釣り船宿の1つです。




上は帰港後に撮影した1枚。流線型でかっこいい!




キャビンにはベッドがついていて、行き帰りの行程は爆睡できました。

また、シャワーもついているので夏場は重宝しそうです。




遠征船だけあって、救命ボートも装備されていました。



2時半に沼津港を出港し、約4時間で銭洲に到着。

冒頭写真の岩礁を目の当たりにし、もう感動の一言!

早速写真撮影すませ、少し余韻に浸ります。

そしてすぐさま準備!

朝一は高級魚・シマアジのチャンスタイムとの事なので、のんびりもしていられません。




仕掛けは船で購入可能。ハリス8号、3mの3本針仕様。




道具は最低でもワラサやマダイ等を狙うもの。




ビシ(オモリ付きコマセかご)は100号。



時刻は7時。釣り開始です。

仕掛けを投入し、アタリを待ちます。

が、40分やるも船中反応なし。

朝一のシマアジは不発でした。


ポイントを移動し、今度は五目狙い。

いわゆる何でも来い、っていう釣りです。




早速釣れました。まずは白身が美味しいウメイロ。いかにも南の海域、って感じのカラフルな魚です。




ちょっと見にくいですが、アカイサキにアオダイ。普段見慣れない色々な魚が入れ食いです^^




ナメモンガラ。一応毒はなく、食べられるそうです。迷いましたが、初めて釣った魚なので一応キープ。


五目釣りを始めて3時間が経過しました。

上記4種以外にも、サバやムロアジも追加。

皆さん、大型クーラーボックスが満タンに近づきつつあるのを確認し、船長再びシマアジポイントへ移動を決断です。




この移動がビンゴ!キロクラスのシマアジ3匹追加に成功しました。




クーラー満タン!



コスト的に少しばかり余計にかかってしましますが、

絶海の岩礁地帯にて近海ではまずお目にかかれない魚を釣る。


実際、私はこれまで14年かけて133種の魚や甲殻類を釣ってきたのですが、この日だけで初めて釣った魚種5種。

はい、実に楽しかったです。



ちょっと贅沢な釣行ですが、

たま~にならこんなのも大いにアリかな、って思いました。




お刺身4種盛り+シマアジのナメロウ、ナメモンガラの肝和え。

もう、ビールが無限に飲めちゃいそうです。




PAGE TOP