趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

毎日がもっと楽しくなる!デジタル一眼をはじめてみよう


デジタル一眼はどなたでも楽しめるカメラです

「デジタル一眼」は、デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼(ミラーレスカメラ)の総称です。レンズが交換できるタイプのカメラのことをいいます。

デジタル一眼というと「難しそう」と感じる方も多いかと思います。

特に今は、スマホやタブレットで誰でも写真が楽しめる時代。それらに比べると、デジタル一眼はボタンも多く、操作も複雑にみえます。

が、実はデジタル一眼で写真を撮るのはとっても簡単。

オートモードなら、シャッターを押すだけで、どなたでも簡単にキレイな写真が撮れます。写真自体もスマホやタブレットで撮ったものよりも、きめが細く美しく仕上がります。

街歩きや日常の風景であれば、これだけで十分に楽しむことができます。



機能を1つ覚えるごとに「できること」や「面白いこと」が増えていきます

デジタル一眼を一言で表すなら「できることが多いカメラ」。

普通にキレイな写真を撮るだけならオートモードで十分ですが、機能を覚えれば覚えるほど「できること」が増えていきます。

たとえば、どのデジタル一眼にも、色合いを自分好みにカスタマイズできるモードがあります。明るい色にする、渋い色にする、強調したい色を強くするなど、「色の演出」ができるんですね。

そうしたモードを使うと、見慣れた風景もガラッと変わった写真になります。

また、自分でピントを合わせるマニュアルフォーカスを使うと、オートフォーカスでは味わえないピント合わせの面白さを味わえます。

被写体とじっくりと向き合って「この被写体の一番の魅力は何か」「自分が本当に見せたいと思うところはどこか」を考えてピントリングを回していく面白さは、マニュアルフォーカスならでは。

つまり、オートで気楽に楽しみたい方から、機能を覚えながらじっくりと取り組みたい方まで、どなたでも楽しめるのがデジタル一眼なんですね。

また、撮れば撮るほど、自分の作品や、撮った時の思い出が増えていきます。趣味としてこの上ないたのしみを味わえる、それがデジタル一眼です。


持ち歩きやすい機種がいっぱいあります

デジタル一眼というと「大きなレンズがついたカメラを、三脚にセットして使う」ようなイメージがある方も多いかと思います。

が、それはあくまで報道などに使う望遠用のカメラで、個人が使うタイプのデジタル一眼は、もっともっと手軽なものがほとんどです。

今は、サイズも重さもコンパクトなものが多く、性別を問わずに気楽に持ち歩けるデジタル一眼が増えてきています。

「首から下げてちょっと散歩に」「いつものバッグに入れて持ち歩く」なんてこともできたりします。もちろんボディが小さくても機能は上々です。


「ファインダーから見る世界」はデジタル一眼ならでは

スマホやタブレットでも写真をとれますが、ファインダーを使っての写真撮影はデジタル一眼ならではです。

ファインダーの中に広がるのはレンズから見た世界。まわりの余分なものがシャットアウトされた、まるで映画のような世界がそこにあります。

そうした世界と向き合いながら、自分だけの構図、自分だけの写真を作り上げていきます。撮れた写真は、まさに自分だけの作品。こんな楽しみを味わえるのもデジタル一眼ならではです。

まとめ

今回はデジタル一眼の楽しさを紹介しました。デジタル一眼には、写真を撮る楽しさだけでなく、「デジタル一眼だからこそ」の楽しみもあります。のんびり楽しむもよし、上達を目指していくのもよし。毎日がより楽しくなりますよ。


PAGE TOP