趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

ソーイング熱にかかった私!いつかは自分の作った作品をお客様に届けたい!


みなさんは自分の趣味を持っていますか?



 

私の若い頃の趣味は「映画鑑賞」でした。



映画が好きで好きで、いわゆる映画マニアでした。



映画に関わる仕事がしたいと思っていたくらいでしたが、そういったクリエイティブな仕事は才能がないとダメ。



好きだけで仕事に結びつくものではありません。



 

そうして時間が流れ、普通のOLを経験した後、結婚して2子をもうけました。



 

子育てに追われ、好きな映画を見る暇もなく、とにかく毎日が目まぐるしく過ぎていきました。



忙しくて「趣味どころじゃない」状態です。



 

そんな私が、ちょっとしたきっかけで、これっぽっちも興味がなかった「ソーイング」にハマり、「作品を販売したい」とまで思うようになったお話をします。



 

子どもが幼稚園に入園するにあたって、いわゆる入園グッズを持たせなければいけません。



どうしよう。



市販品を買って持たせたらいいかな?



でも母の愛情としてオリジナルなものを持たせてあげたい…。



さっそく100円ショップに行って巾着袋を購入し分解した私。



なるほど、そういう作り方をすればいいわけか…。



自分で作れそうだな。



まずはミシンを購入しなければ。



その後、ずっとミシンを使うようになるかどうか分からない。



それでも、とにかく買わない事には何も始められないと思い、1台のミシンを購入したのです。



それからは、購入したソーイング本を見ながら、失敗してもいいように購入した安い生地で弁当袋や小物袋を作り続ける日々。



少しずつ上達してきた頃、子どもや自分が気に入った少しいい生地を選んでやっと出来上がった幼稚園グッズ。



達成感でいっぱいになりました。



もちろん、子どもも大喜びです。



 

そこからソーイングにハマっていきました。



自分で気に入った素材、色、模様や柄の生地を選び、生地同士を好きなように合わせる事もできる。



自分の感性で、世界中にただひとつのモノをミシンの力を借りながら自分の手で作ることができるのです。




布はすごいと思います。



なぜなら、たった1枚のなんの変哲もない布が、袋になったり洋服になったりと形を変えると一気に輝きだすからです。



 

袋物をある程度作れるようになってきた頃、子どもの洋服も作ってあげたいと思うようになりました。



洋服は袋物とは違い、選ぶ生地がかなり地味になります。



キャラクター柄やハート・星柄などは、洋服に仕立てる生地としては選べません。



そんな地味な布が、形になるとびっくりするほどすてきな洋服に仕上がるのです。

 



どんどん、ソーイングに没頭していきました。



子どものためのソーイングが、今度は自分の洋服も作るソーイングへと変化していきました。



ソーイング本を参考にしながら、型紙(パターン)を写し取り、布を裁断し、ミシンとロックミシンの力を借りながら縫い合わせる。



やり始めると1日があっという間に過ぎていきました。




今ハンドメイド市場がとても熱いのをご存知ですか?



多くの方が、世界に一つだけのハンドメイド作品に関心を寄せているのです。



ハンドメイド作家の方が多いのも納得です。



パソコンさえあれば、ハンドメイドマーケットに登録して自分の作品を販売することもできるのです。



そして、私の今の目標は「自分の作った作品をお客様に届けたい」という事。




私がそうだったように、昔は熱中する趣味があったけど今は忙しくてそんな暇もないという方もいるかもしれません。



好きな事が何か分からないから一歩を踏み出せないという方もいるかもしれません。



 

でも、私のように自分でも思いもよらないちょっとしたきっかけで「趣味」ができ、気が付いたら没頭しているかもしれませんよ。



きっかけが向こうからやってくるかもしれませんし、自分からその一歩を踏み出す方もいるかもしれません。



どんなきっかけであれ、年齢に関係なく「趣味」はあなたをウキウキさせ、輝かせてくれる事に間違いはないでしょう。

               





PAGE TOP