趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

ちょっとしたプレゼント


お友達にちょっとしたプレゼントをするのが好きなんです。


自分が作ったものを喜んでもらえるとすごく嬉しい。

でもミシンを出すのが面倒だったり、糸くずの掃除が面倒だったり(笑)

粘土や絵の具が乾くまで片付けられなかったり…。


この10数年で、いろんな物を作ってきましたがやっと落ち着きました!道具がコンパクトで部屋が散らからない。

空いた時間にできて止めたい時に止めれるウッドバーニング!



ウッドバーニングってご存知ですか?


私もウッドバーニングの存在を知ったのは2年ぐらい前です。

もともと絵を描くのが好きで、木の暖かみや柔らかい感じが好きで始めました。


自分でデザインしたものやフリー素材で気に入ったもの、何でもいいんです。

カーボン紙やチャコペーパーで木材に絵や文字を写して電熱ペンでなぞっていくだけ!!

すっごく簡単でした。

電熱ペンのペン先には太さが違うものなど種類があって、自分の力の入れ具合で濃さなども変わるので慣れてくると色んなタッチの絵が描けるようになってくるんです。


私がまず最初に作ったのは子供達の命名書です。

名前、生年月日、出生体重や身長、メッセージを入れました。

昔からある半紙に筆で書いたものではなく、部屋に飾るとインテリアになるような物が欲しくて作りました。

甥っ子、姪っ子にも作ってプレゼントしたら喜んでくれましたよ。




お友達にはクリスマスプレゼントとして焼いたのは表がクリスマスバージョンで裏がお正月バージョン。

1枚の板で2パターン楽しめるのでお得な感じもしますよね(笑)






毎年悩む子供の夏休みの作品もウッドバーニングにしました。




自分の好きな戦国武将の兜と名言を焼いてみたいっていう私にはない発想だったので面白そうだなぁと思い決定。




学校では『コレ何?どうやってるの?』ってちょっと話題になったみたいです。

今でも子供部屋に飾ってあります。親子で楽しめるのも良いですよね。



ウッドバーニングは材料費もそんなにからからないし、作業スペースも小さなテーブルで大丈夫。

電熱ペンの先が熱いのでそれに注意すれば子供にもできます。

木の種類によって焼きやすいものや、焼きにくいものもあるので自分にあった板を探すのも楽しい時間でした。


まずは小さなものから初めて、木製スプーンやトレーなどに名前を入れてプレゼントするのも良いかも入れませんね。


私の次の作品予定は近々結婚する友人へのウェルカムボードと我が家の表札を作ってみようかなぁと思っています。

お店の看板みたいな大作もいいかもしれない!

週末は木材探しに行ってきます(^○^)


PAGE TOP