趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

適度な運動、してますか?ドラムでいい汗かいてみませんか!?


はじめまして!

今日はいちドラマーとして、ドラムの面白さをお伝えできたらと思います!

基本的に楽器なので、音楽が好きな人が前のめりで始めるもの、というイメージがあるかと思います。

が、しかし、何年か前にドラムがダイエット(エクササイズ)目的で流行ったことを記憶している人もいるのではないでしょうか。

キムタクがドラマである職業を演じるとその職業の就業率がグンと上がる・・・よりはインパクトは小さかったと思いますが、

それでも当時女性がドラムを始めるというケースが多かったように思います。













それくらいカジュアルな感覚で始めることが出来るものなんです!


それでは、これからドラムのメリットをいくつか書いていきましょう。

 

●適度な運動に最適デス

みなさんそれぞれ、自分なりの「適度な運動」を生活の中に取り入れていますでしょうか。

実は「ドラムを叩く」という行為も、その「適度な運動」の一つなんです。

叩くリズムにも因りますが、より激しいリズムでは全身運動に近い運動量が得られます。













そうですね、ミスチルより椎名林檎、サザンよりradwimps、マッキーよりラルクアンシエル、なんとなくわかりますかね?笑

下半身の動きは、上半身に比べ少ないように見えると思いますが、実は隠れていろいろ細かい動きをしているので、



ダイナミックな運動とは言えないまでも、繊細な反復運動をしているんですよ!


自分で準備する道具は、スティックという叩くための木の棒のみ!

これを持ってリハーサルスタジオにGO!です。

あとはひとまず一心不乱に叩くだけ、叩いてみてください!

右足を動かしペダルという器具をドンドンと叩き、左足を動かしハイハットという器具をシャンシャン鳴らし、

右手と左手を左右交互にスネアという高音の出る太鼓やそれより低い音の出る太鼓たちをドカドカ叩き、

更に一番遠いところに置かれているシンバルという金属楽器をジャンジャンと両手を使い打ちまくってみてください!

めちゃくちゃでもひとまず「こんな感じ」をすぐやって体で汗をかいて体験としてなんとなく覚えるというのが一番です!

 

●一粒で二度おいしい!?

あなたはお気に入りの曲を、どういう聴き方をしていますか?・・・と聞かれても困りますよね。

普通、ドラムのリズムやそれぞれのドラムの音を追うことなんてしませんが、























実際にドラムを叩けるようになると、やはりドラムのリズム、音を追いかけるようになるんですね。


つまり、「好きな曲の別の顔」を見れるようになります。



一度楽器の音を追いかけれるようになると、他の音も気になったり、作曲者のことに思いをはせたり、と



多角的に一つの曲を聴くことが出来、それは何よりの快感ともなりえます。


●とにかく・・・かっこいい!笑

ドラマーと聞いて思い出す人は・・・やはり日本人であればYOSHIKIさんですよね!

世代にもよるとは思いますが、少し古いとつのだ☆ひろさん、若い人には金子ノブアキさんが有名でしょうか・・・

そして女性だと、女優として活躍しているシシド・カフカさんやほな・いこか(ゲスの極み乙女。)さんが有名でしょうか。

YOSHIKIさんの叩く姿は誰もが見たことがあるのではないでしょうか、ピアノを弾く姿とのギャップ・・・たまりませんよね。

シシド・カフカさんはインカムをつけて歌いながら、綺麗でかつ程よくダイナミックな叩き方をします。













YOSHIKIさんにしてもシシド・カフカさんにしてもどこか凛としていて、

線は細くても内に秘める力強さがにじみ出ている雰囲気を持っています。これはもう・・・・かっこいい!!笑



 



若干暴走した感じになってしまったでしょうかね?



さて、これを読んだあなた、ちょうどタイミングよくQUEENが話題になっているので、「We will rock you」を聞きながら、



『ズンズンチャン、ズンズンチャン🎵」と叩いて、テンションを上げて叫ぶところから始めてみましょう!


PAGE TOP