趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

アウトドア~我が家のキャンプの始め方


が家は0歳~8歳の子供4人と夫婦の6人家族です。最近の我が家の趣味となっているのは休日や長期休暇中のアウトドア。もともとキャンプ好きだった旦那。仕事が忙しくてなかなかキャンプができなかった結婚当初でしたが、子どもが段々大きくなってくるにつれ、どこに行ってもかかる宿泊費や食費。旦那が転職し少し時間ができたこともあり家族みんなでアウトドアを始めました。



 

<初めてのテントは家の庭>



まだ子供が3人だったころ、キャンプをしようと購入したテント。しかし一番下の子供はまだ2歳。暗い中テントに泊まれるかなと不安だった私たち夫婦。どうしようかと考えた結果、庭にテントをはることにしました。子どもたち3人は初めてのテントに最初ははしゃいでいたものの、いざ夜になると、真っ暗でこわい!一番下の子供は「おうちでねる!」。確かに家が横にあるのに、わざわざ真っ暗なテントで寝たくないよねということで、家で寝ることになりました。



家が横にあると家で寝たくなるという反省をふまえ、初めてのキャンプはそんなに遠くないキャンプ場へ行きました。初めての本格的なキャンプにみんな大興奮で遊び疲れたせいかみんなぐっすり寝てくれました。我が家の初キャンプはこうやって始まりました。



 

<一番悩むメニュー>



キャンプで一番どうしようかなと考えるのがご飯のメニューです。バーベキューも良いけど、我が家の子供はご飯よりも遊びたい気持ちが大きいので、ご飯を食べる直前そしてご飯を食べた直後から遊んでしまいます。川や湖など水辺の近くで親の目が二人とも必要な場合は、簡単な食事にしています。例えば、焼きそばの具材は家で切っていきキャンプ場ではいためるだけ、一番簡単なメニューでは炊飯器にご飯を炊いて持っていき、カレーも火にかけるだけの状態にしていくなどできるだけ簡単なメニューを考えています。



山でキャンプをしたり、周りに遊び環境があり親の目が一人で良い時はバーベキューを楽しんだりと行く場所によりメニューを考えています。




<お勧めのキャンプ場>



我が家がいったおすすめのキャンプ場の一つは長野県にある四徳温泉キャンプ場です。山奥にあるキャンプ場なのですが、一番のおすすめポイントはキャンプ場でゆっくりとお風呂に入れることです。キャンプ場の中にあるのでみんなお酒が飲めるのです!キャンプ場にお風呂がないと誰か運転手さんが必要になりますが、ここだと食べながらお酒を飲め、好きな時にお風呂に入れます。水辺も近くにあり、小さいですがアスレチックもあります。そして山奥にあるのでなんといっても夜の星空が最高です!




もう一か所は琵琶湖です。我が家の子供は海水がしょっぱいと苦手なため、琵琶湖もよく行くキャンプ場の一つです。サイトにもよりますが、早目に予約すると、泳ぐ場所の目の前にテントがはれるので、ライフジャケットを着せて、子どもだけでも十分泳いで遊んでくれるのでお勧めのキャンプ場です。




我が家はこのようにしてキャンプを楽しんでいます。キャンプに興味はあるけど、小さい子供がいるしなと迷っている方も簡単な料理や近場から始めてみてはどうですか?


PAGE TOP