趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

アクアリウム・心癒される水景


アクアリウムを初めて約1年。


まず、アクアリウムって何?ってところから。以下、Wikipediaから引用。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

観賞用に熱帯魚(観賞魚)や水草などを飼育・栽培すること、またはそのために構築された水槽を含む環境を指すことが多い。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

熱帯魚などの観賞魚を飼うだけでなく、水草も一緒に育てて、水槽の中に美しい水景を作るところがアクアリウムの魅力です!美しい水景を作るために世のアクアリスト達は四苦八苦しているのです!

例えば下の写真。これは参考写真でして、私が作り上げた水景ではないです。こんなに美しい水景を作り上げるにはまだまだ私は力不足です・・・。

 

どうです、美しいと思いませんか?


そもそも、私がアクアリウムを始めたきっかけは、子供の『メダカを飼いたい』という一言からでした。我が家には元々ペットもおらず、メダカぐらいなら飼育できそうということで、飼うことになったのです。

まずはメダカ飼育セット(小さな水槽やブクブクなど、飼育するのに必要な物がセットになったもの)、低床(水槽の底に敷く小さな石や砂)、少々の水草、メダカ4匹を購入。それらを家に帰ってきて早速セット!

ということで、最初に完成した水景はこんな感じでした。

 

(カメラのフラッシュで見にくいですね・・・)

今見ると、水槽も小さくてショボい(笑)でも、初めはこれで大満足でした!


ここからみるみるアクアリウムに興味が沸き始め、大きな水槽と熱帯魚・水草が欲しくなりました。でも中々奥さんの「買ってよし」の了解が得られず、欲ばかり増す日々を過ごしていました(笑)


それから数か月後、転機が訪れました!(大袈裟ww)


水槽の汚れが溜まってきたので掃除をしていた時のこと。洗い終わった水槽を外で乾かしてるところに、子供が遊んでいたボールが直撃!水槽バリバリに割れる(汗

これはチャンスとばかりに、すぐに新しい水槽を買いに行きました。

30センチキューブ(30cm×30cm×30cm)のオールガラス水槽を購入。本当は60cm水槽が欲しかった・・・。それでも最初の水槽に比べると大きさと水量はけた違いです。

水槽の他に、新しい濾過機・低床・大きな照明器具・流木・追加の水草、そしてカージナルテトラとディープレッドホタルテトラという小型の熱帯魚を購入。

この時のトータル購入費用は思った以上にかかりました(汗


そして、いざセッティング!その時の完成した水槽がこれです。

 

どうですか?メダカ水槽の時よりもグッと観賞用の水槽らしくなったでしょ♪

最初に飼ったメダカと熱帯魚を混泳させています。

ピカピカに透明な水の中で穏やかな水流によってゆらめく水草や、かわいいお魚たちの泳いでる姿は、本当に何とも言えない癒しです♪


この時はこれで完成した!と思っていたのですが・・・

さらに欲が出てきます。


もっとたくさんの水草を茂らせたい!もっと綺麗な水にして、お魚さんに気持ちよく泳いでもらいたい!

その為に、さらにいくつかの道具を購入しました。

例えば水草の成長には、光合成をするために二酸化炭素が必要です。その二酸化炭素を人工的に添加する器具などです。


お魚さんも水草も両方が元気に育つ環境にするべく、試行錯誤の毎日です。

これが楽しいんです!世界に一つだけの自分の水景を作り上げる過程が楽しいんです♪


そして現在の水景がこちら。

 

まだまだ満足することはなく、悪戦苦闘する日々は続きます♪




PAGE TOP