趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

スポーツ吹き矢で趣味と健康を手に入れよう


スポーツ吹き矢を知っていますか?実は日本発祥で、今世界に広める活動が行われている新しいスポーツなんです。各地で教室が開かれ、大会も行われます。教室に通って趣味にしている人も多いんですよ。この記事では、スポーツ吹き矢とはどういうものかを少しご紹介します。



 

教室に通う



地元の掲示板やインターネットでスポーツ吹き矢の教室を探してみましょう。ある教室は、月に二回、第二・第四土曜日の9時半から11時半まで開かれ、受講料1000円です。もっと安いところでは、毎週火曜日と金曜日の9時から13時まで開かれ、人数によって23ラウンド楽しめて200円というところもあります。初心者には手ごろでいいですね。自宅からの距離や値段を見て、都合の良いところを選びましょう。



 

どんなことをするの?

簡単に言うと吹き矢を吹いて的に当てるという単純なスポーツなんですが、結構難しくて奥が深いんです。的には半径3cm、6cm、9cm、12cmがあり、それぞれ7点、5点、3点、1点となります。3分間に矢を5本吹くのを1ラウンドとし、それを6ラウンド繰り返して合計点を競います。1ラウンド35点満点、6ラウンド合計210点満点です。



吹き矢の筒は100cmもしくは120cmあり、矢は18cmです。吹く距離は初級6m、初段8m、三段10mです。120cmの吹き矢を持って支えるバランス感覚も必要ですし、各距離の的に届かせるための肺活量も必要、的を狙う集中力も必要なので、簡単そうに見えて意外と難しいんです。8mと10mの差はたったの2mですが、この2mの差がかなり大きく、的が小さく見えてしまうので狙うのは格段に難しくなります。矢が落ちる軌道をイメージしながら狙わなくてはならないので集中力が鍛えられます。一気に10mの距離を飛ばすためには、お腹に空気をため込む腹式呼吸が必須で、ため込んだ空気を一気に吐き出す力も必要です。


大会では遠矢と呼ばれる競技もあり、各距離の的に5本吹いて一本でも当たれば成功となります。成功すると遠矢証明書という表彰状のようなものをもらえます。記念になりますね。



得られるメリット

なんといっても矢が的に中ったときの爽快感は他では得られません。最初はとにかく的に当たれば嬉しいのですが、練習していくうちに中央に当てられるようになってきます。高得点を出すと満足感を得られますし、全日本の大会で優勝を目指すやりがいも感じられます。



 

また、肺活量が鍛えられるので健康にも良いとされています。肺の機能が下がると心不全にもつながると言われていますから、楽しみながら肺の健康を維持できるなら一石二鳥です。みなさんもスポーツ吹き矢で健康と趣味を両立させてみませんか。


PAGE TOP