趣味シュミ

ログイン

ユーザーブログ詳細

簡単!大きなビーズを通して結ぶだけのビーズアクセサリーでおしゃれや作家デビューしませんか?




ビーズワークというと、あなたはどんなものを想像しますか?

1mmほどの、細かいつぶつぶのビーズを細い糸に通したり、ペンチやニッパーで細かい金具を扱ったりという作業を思い浮かべる人が多いと思います。

 

しかし、そんな作業は視力に自信のある、根気のある人でないと、なかなか出来なさそうですよね。私も、昔はそんな作業も出来ていましたが、今は長く続けられません・・・。

 

ところが、最近は一口にビーズと言っても、色々な種類のビーズがあります。

 

今回はその中でも、初心者の方でも扱いやすく、上級者の方でもデザインが無限なのでとても奥が深い「大粒のビーズ」を使ったアクセサリーをご紹介します。

 

主に人気の大粒ビーズは「アクリルビーズ」「コットンパール」「天然石ビーズ」があります。


画像左のアクリルビーズは軽くて種類が豊富、お値段も手ごろです。画像上のコットンパールは綿を圧縮させてパール風の塗装をしたビーズで、とても軽くて高級感がるので人気です。

画像右の天然石のビーズはやや重さはありますが、なんといっても人工では出せない風合いが魅力です。アクセントやワンポイントに使うと良いですね。

 

では、そんな大粒ビーズを使った、超簡単ネックレスの作り方をご紹介します。

基本の作り方さえ覚えてしまえば、使用するビーズやヒモの種類や長さを変えるだけで全く雰囲気の違うネックレスが作れます。

 

また、今回のレシピでは金具を使用しないので、金属アレルギーの方でも安心してお使い頂けますし、着脱も簡単です。

 

シンプルですが、無限のデザイン性があり、大粒のビーズは見栄えが良く初心者でもプロの作品に見えるので、ハンドメイド作品を売買する場へのデビューも叶うでしょう。

 

・材料

・お好きな大粒ビーズ(ビーズや手芸専門店の他にも、最近では100円ショップなどでも購入できます。)

・直径1mm程度までのヒモ(皮ヒモや麻ヒモなど)

作り方は作りたいネックレスの長さ+cmのヒモに、ビーズをどんどん通します。コットンパールは、キリで穴を広げられます。(一気に広げようと無理をするとケガの原因となります。焦らず少しずつ広げましょう。)

 

通し終わったら、ヒモを交差させ、端を交差させたヒモへ結びます。結んだら端を少し残して切ります。

 

完成です。着脱の時は、二重になっていない部分のヒモを引っ張って輪を広げ、頭からかぶって身に着けます。着けたら結び目を引っ張って全体の長さを調節してください。ロング丈

 

まとめ

いかがでしたか?思った以上に簡単にオリジナルアクセサリーを作ることができたのではないでしょうか?

ヒモの長さを応用すれば、ブレスレットも作れちゃいますよ。

また、今回作ってみたあまりのビーズで、別のネックレスを作ってお友達にプレゼントするのも素敵ですね。

ぜひ、色々なビーズやヒモであなただけのオリジナルネックレスを作って、おしゃれしたり、作家デビューの夢を叶えてみてください。

 


PAGE TOP